創業寛政八年 技と心を伝えて二百有余年 肥前鹿島手造りの蔵 矢野酒造


矢野酒造について
創業寛政八年 技と心を伝えて二百余年

寛政8年の創業以来、当地で200年以上に亘り酒造りを続けております。 製造販売数量600石程度の小さい蔵ですが、8代目矢野善紀が改めて製造の見直しをはかり、品質重視の姿勢を打ち出し、自ら蔵に入り中村杜氏と共に酒造りに励んだ結果、酒質は格段によくなり全国の鑑評会やコンテストで入賞を続け、お客様の評価もよくなってまいりました。
平成15年、今後の製造の中心を純米酒に置き、特に力を入れたいと「純米酒宣言」をいたしました。
又、姉妹品の奈良漬けは九州産の白瓜を丁寧に二度漬けしており、贈答の人気商品です。
温故創新をモットーに、古い物の良さを生かして、新しい物の創造をしたい。
平成20年より9代目矢野元英も蔵に入り更に新しい事に挑戦しながら進化を続けております。


多良岳山系の良質な水と地元の熱心な農家の栽培する山田錦を利用した肥前蔵心純米大吟醸権右衛門は絶品
現在では全国各地の厳選した多品種の酒米を利用しラインナップも充実しております

※当時のチラシ ※当時のチラシ


やすらぎの空間「たつみの蔵」
明治37年築の倉庫を改造しました。京都の町屋風の母屋も楽しめます。やすらぎの空間としてご利用下さい。季節の日本酒も試飲できます。年に数回ミニコンサートをしています。絵画、陶芸、写真等の展示をしています。